COMPANY ONLINE SHOP CONTACT 

 


PRODUCT QUALITY

ソックスのフィットに最も重要とされるトウ部は手縫いでアセンブリされています。

手縫いすることでソックスは機械縫いするよりも高い耐久性を得ることができます。

手縫いはトウ部の破れや破損を防いでくれます。ソックスは直接足に接するアイテムなのでフィットがとても重要になってきます。

トウ部を機械縫いするとトウ部とボディーの連結部の内側に素材を縫い合わせた際の『だま』ができてしまい、足に不快感を与えることになってしまいます。

Alfredo Gonzalesのソックスはこの連結部のだまを感じることがありません。

ソックスには20/1番手の糸が使われることが多いですが、Alfredo Gonzalesは耐久性を考慮し、30/1番手の糸が使用されています。

そして肌触りを良くするために織物組成は78%コットン、18%ナイロン、4%ライクラを採用しています。


 
Copyright (C) MIND SQUAD DISTRIBUTION