BRAND STORY


メキシコで生まれたアルフレド・ゴンザレスは、ある日町内のテキーラ早飲みコンテストで優勝し賞金を得ると、憧れの街ニューヨークへと旅立つ決心をした。

ニューヨークに着いたアルフレドは、今まで愛用していたソンブレロをキャップに、ロバをスケートボードに交換した。

予定ではスケートボードで大金を得るはずだったが、思った以上に日々の生活は苦しく、アルフレドは靴下工場で働かねばならない状況に。

そこから彼の人生は一転する。靴下を購入するお金もなかったアルフレドは、靴下工場で作っていたこれといって特徴のない靴下を遊びでカスタマイズして履いていた。

そのときアルフレドが靴下につけたのが、ブランドのアイコンとなっている「ボタン」だったのだ。

ニューヨークでスケートボードをしていると、アルフレドのライディング以上に彼の靴下が有名になっていった。

そしてニューヨークで小銭を稼いだアルフレドがスケートボードを手に、オランダのロッテルダムに遊びにいくとそこで念願のプロ契約に成功。

それはなんとスケートボードではなく、靴下の方だった…世界展開をするまでに成長したこのブランドはこうして始まった。





1983年にニューヨークでAlfredo Gonzalesのアイディアは誕生しました。

2011年、ロッテルダム(オランダ)を拠点するStreet Styleと手を組み、

ブランディングをしていくことでAlfredo Gonzalesは本格的なブランドしてスタートすることになりました。

ブランドの拠点はニューヨークからロッテルダムへと移り、世界的なディストリビューションを展開することになります。

スケートボード、サーフィンといったカルチャーのエッセンスを取り込み、それらのコアユーザーからビジネスやフォーマルなシーンでも活用できるデザインを展開し、商品のクオリティーにも細心の注意をはらいながらブランドを運営しています。

PRODUCT QUALITY


ソックスのフィットに最も重要とされるトウ部は手縫いでアセンブリされています。

手縫いすることでソックスは機械縫いするよりも高い耐久性を得ることができます。

手縫いはトウ部の破れや破損を防いでくれます。ソックスは直接足に接するアイテムなのでフィットがとても重要になってきます。

トウ部を機械縫いするとトウ部とボディーの連結部の内側に素材を縫い合わせた際の『だま』ができてしまい、足に不快感を与えることになってしまいます。

Alfredo Gonzalesのソックスはこの連結部のだまを感じることがありません。

ソックスには20/1番手の糸が使われることが多いですが、Alfredo Gonzalesは耐久性を考慮し、30/1番手の糸が使用されています。

そして肌触りを良くするために織物組成は78%コットン、18%ナイロン、4%ライクラを採用しています。











COMPANY

株式会社 マインドスクワッド・ディストリビューション
〒150-0011 東京都渋谷区東1-13-1 ニュー常盤松マンション806
TEL:03-6427-4532
MAIL:info@ashramjapan.com

CONNECT

CONTACT
Facebook


Copyright (C) 2016 MINDSQUAD DISTRIBUTION,Inc.